白山!

おっさんです。山に行くようになって、およそ一年が経った。
そこで、まだ名前も無い山登り会ですが、淡路支部・南大阪支部・
北陸支部合同で、山に行こう!!ということになり、
総勢3人で、石川県白山市と岐阜県白川村にまたがる、
白山に行ってきた。
c0212298_12544875.jpg

当日は、仕事を終えてから、20:30頃洲本を出発。各地でメンバーを拾い
名神高速から北陸道を経由して、福井県を目指した。写真:大津SA 22日0時
福井北ICを下りた後、一般道を60kmほど走り4:30頃、登山口に到着。
着いてすぐに毛布に包り一時間半ほど仮眠を取った。
c0212298_12551183.jpg

つい先日、今年の登山シーズンを終えたばかりの白山ですが、駐車場には,
30台ほどの車の他、マイクロバスなんかも止まっていて
結構にぎわっていた。白山は、富士山、立山と並ぶ日本三名山のひとつで、
最高点の御前峰は、標高2,702m。
c0212298_12552771.jpg

一眠りしている間に出遅れてしまったが、6:40頃別当出合登山口を出発。
さすがに、標高1,200mもあると肌寒い。
c0212298_1255427.jpg

出発してすぐの吊橋。まず、橋を渡り砂防新道で山頂を目指す。
南大阪の相棒も、能登の若大将も、絶好調でガンガン行ってしまう。
少々メタボな おっさんは、体が重く付いて行くのに必死・・・
c0212298_12555363.jpg

山は、すでに落葉が始まっていたが、十分に紅葉を楽しむことが出来た。
c0212298_1256248.jpg

車での道中は、曇り空が多く、ガスが出たりしないか心配したが、
日が昇るにつれ、青空が広がり始めた。
c0212298_12561419.jpg

10月後半の白山の山頂付近では、夜間は氷点下になると聞いていたので、
万全の寒さ対策を施してきたが、道中は汗ばむほどの陽気となった。
c0212298_12562487.jpg

出発して2時間弱、8:30に甚之助非難小屋に到着。
少し休憩を取り、さらに上を目指す。
c0212298_12563625.jpg

8:55南竜道分岐。ついに標高2,000mを突破!
見晴らしも良くなってきた。
c0212298_12565261.jpg

登りに使った砂防新道は、よく整備されていて、非常に歩きやすい。
急な登りが続くが、まだまだ元気!
c0212298_1257685.jpg

必死で登っていると、汗が吹き出るほどだが、
日陰では染み出た湧き水が凍り、ツララになっていた。
c0212298_12572962.jpg

9:28道端に延命水と記された、有難そうな湧水を発見。
チョロチョロと湧き出ているのを手ですくい、喉を潤した。
c0212298_12574688.jpg

淡路島からおよそ380kmを運転し、ほぼ徹夜で登山という
寿命が縮まりそうな行為だが、これで、トントンかな。
c0212298_1258794.jpg

かなり登ってきた。白山の山頂は、まだ確認できていないが、
ここを登りきれば、見えそうだ。
c0212298_12582697.jpg

9:36標高2,320mの黒ボコ岩までやって来た。
c0212298_12585658.jpg

白山は、山頂周辺が成層火山となっていて、黒ボコ岩は、火砕流によって
山頂から運ばれてきた火山弾だそうだ。せっかくなので、岩の上へ。
c0212298_1259833.jpg

黒ボコ岩を越えるとそこは弥陀ヶ原、
ようやく白山の頂を拝むことが出来た。雄大な景色に感動。
c0212298_12592244.jpg

10:05室堂に到着。シーズンを終え、ビジターセンターは、
ひっそりとしている。奥に進むと神社があり、そこで今登山の
無事を祈ってから、最後の登りに挑んだ。
c0212298_12593761.jpg

目指す頂上までは、距離にして1km。高さは、およそ250m
登らなければならないが、ここに来て、眠気と空腹が津波のように押
し寄せてきて、体が思ったように、動かなくなってきた。
相棒と若大将は、どんどん先に行ってしまう。待ってくれ~
c0212298_12595463.jpg

10:57出発から4時間17分、若者達に少し遅れて、御前峰に到着。
ようやく2,702mの頂きに立つ事ができた。
頂上付近は風が強く、流石に寒い。
c0212298_1301980.jpg

頂上から、登ってきた南側を見下ろすと、緑が多く力強い生を感じることが出来た。
c0212298_1303188.jpg

一方北側は、北風が吹きつけるためか緑が少なく、
火山活動によって出来た殺伐とした風景が広がっていて、頂上付近は、
あの世とこの世の境目を感じさせる。白山が、古くより信仰の山として
崇められてきたというのも、納得できる光景だ。
c0212298_1304363.jpg

白山には、火山活動が繰り返されて出来た大小7つの火口湖ある。
自然と、「ここまで来たので、お池めぐりも!」ということになった。
c0212298_131614.jpg

道のような、崖のような、急斜面を火口付近まで下りてきた。
白山の噴火は、1659年のものが、一番新しいらしい。
c0212298_1313491.jpg

1042年に噴火して出来たとされる翠ヶ池。神秘的だ。
c0212298_1314857.jpg

白山に住む悪蛇1000匹を沈め、万年雪でふたをしたという千蛇ヶ池。
c0212298_132729.jpg

下りは、眺めの良い観光新道を使って下ることにしたが、
滑りやすい砂利道や急な階段が続き、思っていたより歩き難かった。
登りが歩きやすかったので、なめていた。
水汲み場も無く、下りでこの日最大のピンチ!!
c0212298_1323120.jpg

泣きそうになりながら、やっとの思いで登山口にたどり着いたのは、
15:40。朝出発してからなんと9時間も経っていた。
累積標高は、1,696m、総移動距離は、14.7km。
予期していなかった下りでの苦戦に、体はボロボロなったが、
天気に恵まれ雄大な自然を体感し、大満足で帰宅した。




おまけ
c0212298_1325448.jpg

山頂付近で空になったペットボトルを帰宅後発見!!
気圧の関係で、こんなにペッタンコになったが、
おっさんの腹が、へこむことはなかった。
[PR]
by awaji-atv | 2010-10-25 14:24 | 日記

淡路島テレビジョンのスタッフが、日々の色んなコトをご紹介!!  (裏)かわらばんです。


by awaji-atv
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る