<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

福岡「秋月」の旅

みなさん こんにちは003.gif
淡路島テレビジョン ホームページ担当の53です!


この週末、少し足を伸ばして福岡へ行ってきました060.gif
というのも福岡に友人がいて
毎年ふらっと遊びに行っています。

早朝6時に淡路島を出発。
8:35発の新幹線で博多をめざします。

新神戸から博多まで2時間15分。
早くなりました~


今年は福岡県甘木市にある
筑前の小京都とよばれる秋月へ連れて行ってもらいました。
c0212298_16352932.jpg

ちょうど私たちが行った時期は紅葉の最盛期で
四方八方が美しい”もみじ”
c0212298_16354936.jpg

微妙なグラデーションに目を奪われます!

ここ「秋月」は
黒田藩(秋月藩)の城下町として
明治時代まで栄えていたそうですが
廃藩置県の影響から次第に静かな町へと変わっていったそうです。

幸いにも大きな地域開発が行われなかったため
今でも城下町の街並みと雰囲気が残っていることから
平成10年4月に国指定重要伝統的建造物群保存地域に選定されました。

春は
秋には紅葉
特にこれらのシーズンにはたくさんの観光客が訪れるそうです。

私たちが訪れた11月28日も観光客でいっぱいでした。

中にはこんな観光客?も
c0212298_17151791.jpg
アライグマ!!!
人懐っこいアライグマでした♪


さてさて、美しい景色の後は美味しいお食事を!

「やまめ山荘」というとっても素敵なお店に連れて行ってもらいました。

ここは秋月から少し離れてたところにあり、
ちょうど江川ダムからさらに上流へ向かう山の道中にあります。
c0212298_16364159.jpg
門構えからとても立派!

広い敷地内には
水車があったり、水路があったり、小さな池があったり、
また美しい紅葉が広がっていました056.gif
c0212298_1637892.jpg
c0212298_16373280.jpg


そして、のれんをくぐって店内へ
c0212298_16412215.jpg

肝心の店内ですが・・・
他のお客さんもいたので撮影は遠慮させてもらいました。
ごめんなさい。

でも、料理はしっかり撮影してます!!

まず注文したのは”地鶏”
c0212298_1643821.jpg

地鶏は各テーブルにある囲炉裏で焼いて食べます!
c0212298_16401825.jpg
特製のタレや塩、柚子こしょうをつけていただきました★
c0212298_17343229.jpg

器もステキですよね~。
”小石原焼”というそうです!
やまめ山荘内に小原焼のギャラリーも併設されていました。

続いて、やまめの塩焼き
c0212298_1643298.jpg


食後のデザート 「わらびもち」
c0212298_16434469.jpg


他にもやまめの燻製や牛肉など色々いただきました。
どれも美味しくビールがすすみましたよ~068.gif

囲炉裏を囲んでいると
ゆっくりと時間が流れているように感じます。
c0212298_1729334.jpg

店内の雰囲気が素敵で長居したくなるお店でしたよ016.gif


弾丸ツアー 福岡「秋月」の旅。おしまい。
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-30 17:37 | 観光 | Comments(0)

珉平焼

きゃめらまん3号です。

淡路島をこよなく愛する私は、食材はもちろん、食器も地元産?のものを使おうと、
普段から「珉平焼」と呼ばれる淡路島の焼き物を使っています。

珉平焼とは、江戸後期の文政年間に 三原郡伊賀野村(現 南あわじ市北阿万伊賀野)の
賀集珉平がはじめた焼き物で、淡路焼とも呼ばれています。
徳島藩の御用窯でもありました。
c0212298_1627854.jpg

この煎茶揃ですが、どこかで見た風景が描かれています。
c0212298_16281836.jpg

大浜海水浴場と先山です。
c0212298_16283765.jpg

やはり、昔から美しい風景だったんですねぇ。“淡路 三熊公園” と書かれています。
c0212298_1629341.jpg

昔はどんな感じだったんだろう?などと思いを馳せながら、これでお茶を飲むと
なんとなくおいしく感じるんですねぇ。
c0212298_1630079.jpg

裏には、“珉平”の文字が・・・
平の字が曲がっているのが見えますでしょうか?
これは、“ふりへい”と呼ばれていて、
明治18年創業の「淡陶社」 初代社長 欅田善九郎が、
賀集珉平製と区別する為に拵えた印です。

こちらは、淡路市の岩屋にある絵島が描かれた湯のみです。
c0212298_16333897.jpg

使い勝手の良い この小皿は、色がいいんですねぇ。
c0212298_16344295.jpg

この小皿も 明治期頃のものです。
c0212298_1637253.jpg


一般的に珉平焼と呼ばれますが、これらは、賀集珉平 製ではなく、
珉平窯の製陶技術と生産を引き継いだ「淡陶社」製なんですね。

器が素敵だと、食べ物も よりおいしく感じますし、
洗い物をするのにも苦にならないんですねぇ。

みなさんも、普段の生活にちょっとした骨董?を取り入れてみてはいかがでしょう。
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-29 17:34 | Comments(0)

続々三匹が行く

年末ジャンボが発売になりましたね。
毎日、来年中に三億円を全部使い切る事ばかり妄想していると、
寝れない夜が続くKです。
楽しいですよね、妄想。無料だし、近所迷惑にならない。( ´艸`)

京都編も3回目、今回は、ついに 『観劇編』です。
このネタ、引っ張りすぎですか?

前回、一瞬、観劇をあきらめかけた僕ですが、
時間内についたので無事に見ることができました。

それで、今回、京都南座でみたお芝居は、初代 『桂春団治』 です。
大正期の落語家さんです。興味がある人はググってください

c0212298_1842453.jpg

お芝居を見るのなんて、いつ以来、だろう?
10年以上前に劇団員だった友人についていった時ぐらいからでしょうか?
もう、遠い昔の事なので、記憶があまりありません。 (僕もいい年なんで)



主演は藤山直美さんと沢田研二さん。
ジュリー ですよ。 ジュリー 。僕は小さい頃から 大ファン でした。

о(ж>▽<)y ☆キャー!ジュリーサン
c0212298_18464372.jpg


劇の方ですが、笑いあり、涙あり、破天荒な春団治の一生を描いた痛快劇で、
主演の2人はもちろんの事
脇を固める役者みなさんの名演技が光っていました。
おっさんの娘さんもいい演技で、観客の涙を誘っていました。ヾ(@°▽°@)ノグッジョブ!

c0212298_18432964.jpg

芝居中は当然、撮影禁止なので、休憩の間の南座の様子です。

おそらく、10年ぶりぐらいのお芝居見物でしたが、
役者さんの生の演技が見れるのは、やはり、いいですね。(°∀°)b
緊張感がありますし、役者さんの演技も伝わりやすいです。
また、機会があれば、お芝居見物をしてみたいですね。o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

三匹が行く、 『感激編』 でした。(=⌒▽⌒=) (誤字じゃないよ)

芝居見物を終えた三匹、『おっさん』と『きゃめらまん3号』は淡路島に帰ってきましたが
Kはまだ、買いたいもの(主に服)があるので、大阪の友人宅へ。


というわけで、次回は 『三匹が行く 外伝』(大阪編) です。
まだまだ、続くよ。   (嘘)終わりです。
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-28 19:00 | 観光 | Comments(0)

通勤道中で・・・

みなさん、こんにちは003.gif
淡路島テレビジョン ホームページ担当の53です♪

今日は久しぶりの青空!!

いつもは
MY ひざ掛け が欠かせない53らぶ子ですが
今日はココロナシカ暖かく、過ごしやすい一日でしたね。


さてさて、私が職場へ通勤する道中に大きなイチョウの木があります。

c0212298_13421682.jpg

そのイチョウは神社の御神木として長年その地にそびえ立っています。
c0212298_1482277.jpg
樹齢何百年になるんでしょうね~??

車から降り、
木の根元から見上げるとその堂々たる出で立ちに圧巻
c0212298_14192872.jpg


11月の初め頃はまだまだ黄緑色が目立つイチョウでしたが、
日を追うごとに黄色へと変化していき、
今ではすっかり 黄葉真っ盛り です!
c0212298_13451975.jpg

c0212298_13584934.jpg

美しいイチョウの黄葉に心身ともに癒されました~060.gif

せっかくなので
そのイチョウの葉っぱをらぶ子へのおみやげに持って帰ると・・・


またしてもやってくれました!!!

c0212298_1346574.jpg
らぶ子いわく、 イチョウ姉妹 だそうです。 どこかで聞いたような~(笑)


今日もイタズラ魂全開のらぶ子にぷぷっと笑わせてもらいました~037.gif
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-27 13:00 | 日記 | Comments(0)

続・三匹がいく

Kです。
近々、書くといいながら、けっこう時間が経っちゃいましたね。 (・・。)ゞ モウシワケナイデス。

今回の話題も三匹が行く(京都編Ⅱ)です。
今回、はじめて見たという人は11月19日の記事をご参考に。

昼ごはんを済ました3人は新京極に。
ここからは3人、それぞれに見たいものが違うという事もあって、別行動に。
きゃまめらまんは、ポチ袋を買っていたようですが、僕は帽子屋やかばん屋をみてきましたが、特に何も買いませんでした。



新京極をうろついていると、京都市役所前に本能寺がありました。

 (゚Д゚)『敵は本能寺にあり』 
俺の何かが叫ぶ。
何かに吸い込まれるように境内へ・・・・。元、あった場所じゃないけどね・・・・


あッ、しまった写真撮るの忘れた・・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
よって割愛します。



そんな、こんなで寄り道ばっかりしていると、携帯電話が鳴り出しました。
きゃめらまん3号『今、どこ』
K『本能寺。そろそろ、いくよ』

(せっかちだね、きゃまらまんは・・・)と思いながら、時計を見ると15時35分。

15時35分だって・・・・アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


 (゚Д゚;)『15時35分、あと25分しかないジャナイカ』 

 心の声:ここから(市役所前)から南座(祇園四条)、うわ、ぎりぎりだよ。
下手したら間にあわねぇよ。間に合わなかった、怒るだろうな2人。(-""-;) 




という事で、それからは一人競歩大会でした。
南座には15時51分に着きました。
道中、『きゃめらまん』からの電話が3回、コエーよ。
正直、焦りました。

c0212298_20201881.jpg



南座に着いた時のおっさんと、きゃめらまんの顔が若干切れ気味に見えちゃって、
あまり目を合わせられませんでした。
僕っていい加減ですね。(=◇=;)

今回のブログはここまで。次回は観劇編です、

 「おい、肝心の観劇は?」  と思った貴方。
まだまだ、引っ張りますよ。( ̄ー ̄)
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-25 20:44 | 観光 | Comments(1)

食の島”あわじ”うまいもんフェア☆レポ

みなさん こんにちは003.gif
淡路島テレビジョン ホームページ担当の53です!

さて、3連休はいかがお過ごしでしたか?
私たちのケーブルテレビ局がある淡路島の洲本市では
この3連休イベントづくしの3日間でした★

毎年11月の3連休に行われている
弁天祭の様子は
ホラーマンsanカエルsanのブログを見てもらえれば
詳しく紹介されていますね~001.gif

(ありがとうございますぅ~)

ということで
食担当の53は、
11月21日(土)に洲本市文化体育館や市民広場を中心に開催された
食の島”あわじ”うまいもんフェアについてレポートします。
c0212298_15352175.jpg

これは淡路島内にあるグルメを一堂に集めた食の祭典で、
およそ130ブースものお店が軒を連ねました!!
c0212298_15355349.jpg


淡路島の農畜産物、水産物など特産品の販売はもちろん
体験教室としてコマづくりや吹き戻しづくりなど
さまざまな催しが各会場で行われていました056.gif

また、
淡路島牛丼
淡路島バーガー
淡路島ヌードル 
タマネギらーめん などなど
地元の私たちも興味をそそる
淡路島の食材をふんだんに使ったメニューもずらり★

中でも ふるまいコーナー として
淡路ビーフの丸焼き(1200食)、
とらふぐの雑炊(200食)、てっさ(200食)、
アオリイカの塩焼き(300食)、さしみ(200食)と
こんなにふるまっていいのかというほどの数が無料配布されました。
(もちろん あっという間に完売したそうです)

一日の来場者数は驚きの 3万1000人 だとかっ!!(主催者発表)
驚異の人数です。

当日の私はというと別の会場でマイクを握り締めていたため
ゆっくり全体を回れたのが14時を過ぎた頃。
淡路ビーフを狙っていましたが・・・
時すでに遅しでした。 (奥の行列がそうです)
c0212298_153778.jpg

淡路ビーフは諦めて、
会場内をグルグル回っていると
あゆみの部屋の皆さんが販売しているクッキーを発見!!
らぶ子へのおみやげにお買い上げしました★
c0212298_15382682.jpg
         (左から チョコサブレ  黒ゴマクッキー  はばタンクッキー) 

クッキーはサクサクしていて甘さもちょうど良く
中でもはばタンクッキーがお気に入りです。
c0212298_15522657.jpg
            クッキーにはばタンのマークが刻印さています★

また、最近パンも作っているそうでこちらもお買い上げ。
c0212298_15384252.jpg

中身はレーズンがたっぷり!!
かなりBIGサイズなパンなのですが大味ではなく本当に美味しかったです。


うまいもんフェアに行かれた方は本当に満足な一日だったと思います。
c0212298_15392273.jpg

お天気も一日良かったので楽しい3連休の初日を過ごせたのではないでしょうか~
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-24 17:40 | Comments(0)

カエル、祭りを見る

カエルです。

世間が3連休で浮かれているのを横目にカエルは祝日もお仕事です054.gif

そんなカエルさん、お仕事ではありますが、
厳島神社の弁天祭りに行ってきました

弁天まつりは11月21日から23日まで開催する洲本市の秋の風物詩ですから、
3日間とも、たっくさんの人で賑わっていましたよ003.gif

23日には、御神幸(ごしんこう)という行事がありましたので、
その様子をちょこっと紹介します058.gif

御神幸とは、簡単に言えば、「神様を担いで街を練り歩く」というもので、
背中に担ぐ御神体(=神様)が、氏子に福を授けてくれるというありがたいものです。
c0212298_14504840.jpg


御神幸がはじまると、
ちょうさジャ!ちょうさジャァッ!」という
白装束の男衆たちの大きな声が街中に響き渡ります。
c0212298_19403312.jpg

今年は、ギャルみこしも一行に参加していて、ちょっと違った雰囲気でした072.gif
c0212298_1453261.jpg

厳島神社をスタートして、市内を約12km歩いて、再び神社に帰ってくるのですが、
道中、2ヶ所の御旅所で神事を行います。
c0212298_15505192.jpg

2ヶ所の御旅所を通過してからも、男衆の声は小さくなる事はありません。
威勢のいい掛け声をともに、
本町8丁目商店街からコモード56商店街を抜け、厳島神社へと戻るのです。
c0212298_1830623.jpg

午後5時を過ぎると、外は暗くなっていますが、神社までもうチョット。
弁天まつりのお手伝いをしているクイーン淡路の2人も
巫女の衣装を身にまとって、神社を目指して歩いています056.gif
c0212298_18591492.jpg

境内に帰ると、宮司の手に御神体が戻されて、祭りは終幕を迎えるのです。
c0212298_18594350.jpg

c0212298_18574851.jpg


ちなみに、今年の弁天祭りの模様は、
11月30日(月)~12月6日(日)放送の特集アワー内で紹介する予定です060.gif
ダイジェスト的な内容ですが、
祭りの雰囲気が伝わるように心がけて編集しようと思うカエルなのでした。
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-23 19:47 | 取材 | Comments(0)

ちょっと 三熊山

おっさんです

20日、天気が良かったので、ボスや大将殿もよくウォーキングで訪れる、三熊山へ
行ってきました。三熊山は、子供の頃よく遊んだ思い出の場所。普通に登るのも
いいのですが、今回は子供の頃によく登った、津田から西の丸へ上がるコースで、
山頂を目指しました。
c0212298_19113660.jpg

津田まで来たら、子供の頃には、無かったドライブウェイができ、登山口が
分からなくなっていました。どこから登っていいのか分らず、暫しさまよう・・・
c0212298_19124210.jpg

ドライブウェイ脇にそれらしい所を発見!!早速茂みを分け入り山へ入りました。
c0212298_19132947.jpg

山に入ってすぐ、道が無くなった。本当のところ一人でやってきたので、心細くなり
引き返そうか迷いましたが、シダをかき分け進むことに・・・
c0212298_1914342.jpg

子供の頃を思い出し、一人で川口浩探検隊ごっこをしていると、見覚えのある岩場に
出ました。視界が広がりホット一息。
c0212298_1914493.jpg

この岩場、子供の頃は、もっと大きい石だったように思ったのですが、
少し小さく感じました。岩の上に立ち、しばし景色を楽しんだ後さらに上を目指しました。
c0212298_1915747.jpg

c0212298_19152942.jpg

岩場の先で、水色のビニール紐の目印を発見。これをたどってしばらく進むと
西の丸の石垣が見えてきました。ここまでくると、もう少しです。
c0212298_1916912.jpg

原生林に覆われた三熊山は、貴重な植物が自生しています。この日、西の丸では、
椿が、出迎えてくれました。
c0212298_19164762.jpg

c0212298_19172151.jpg

本丸までやってきました、桜の木は色づいた葉を残しているのもありますが、多くは
落葉していました。紅葉の見ごろは、もう少しといったところでしょうか。
c0212298_19174820.jpg

本丸からの眺望です。夏に石垣周辺の木々が伐採され、見渡しがとてもよくなっています。
とても気持ちの良い場所なので、皆さんも登ってみてはいかがでしょうか?
今回は1時間30分ほどのプチ登山でしたが、ノスタルジックな気分に浸り、
とても、有意義な時間でした。

帰りは、白滝稲荷に下りてみようと、また西の丸経由で下ったのですが、さまよって
気がつけば、元の場所に出てきました。狐につままれたのかな。
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-21 19:29 | 日記 | Comments(0)

ぽち袋

きゃめらまん3号です。

先日、京都へお芝居見物にいった際、“ぽち袋”を買ってきました。

姪っ子達にあげる お年玉 は、いつも京都 麩屋町にある「はし本」の ぽち袋を使っています。
c0212298_19322210.jpg

このお店には、はがきや封筒など、木版画の素敵なものがいっぱいあります。

姪っ子達は、まだ ちびっこなので、かわいい寅にしました。
c0212298_19324722.jpg

興味があるのは “中身”だけで、ぽち袋 は、すぐに捨てられてしまうかもわかりませんが・・・

私、ぽち袋も少し収集しておりまして、明治時代から現代のものまで、
木版画ものを中心に買い集めています。
c0212298_1943853.jpg
c0212298_19431834.jpg

「これっぽち」の「ぽち」が、由来とされる「ぽち袋」ですが、
明治15年頃から販売されたそうです。
c0212298_1944152.jpg

持っている ぽち袋 は、創業天保年間という京都「さくら井屋」製のものが多いです。
c0212298_19452247.jpg

画像ではわかりにくいかも知れませんが、
和紙と木版画による“はんなり”とした雰囲気は、本当に素敵です。

こちら歌舞伎コーナー
c0212298_19454152.jpg

洗練されたデザインですが、それぞれの演目がわかるようになっているんですねぇ。
c0212298_1946126.jpg

ブログをご覧のみなさんも 今年のお年玉は、
少しこだわった ぽち袋 に入れてみてはいかがでしょう?
中身が少なくても喜んでもらえるかも・・・
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-20 19:47 | Comments(0)

弁天祭 

ホラーマンです040.gif

11月21日(土)から淡路島を代表する祭りの1つ
『弁天祭』が始まります。

この『弁天祭』は、島内の人だけでなく、
四国地方や京阪神地区からも参拝する人が多く、
毎年およそ5万人が訪れるそうです。

その『弁天祭』の前日となる11月20日には
子ども餅つき大会が厳島神社 境内で開かれました。
c0212298_206857.jpg


大人に手伝ってもらいながら、大きな杵で餅をつき、
自分たちで餅を丸めていました。
c0212298_2061765.jpg

c0212298_2062558.jpg


つきたての餅は、ぜんざいとして振舞われました。

とてもおいしそうに食べる姿に、心が和んだホラーマンでした003.gif
c0212298_2063494.jpg


弁天祭り、22日の本祭では
舞台イベントなど、様々な催しが開かれる他、
23日の残り福では、
白装束の男集が御神体を背負い練り歩く、
この祭り、最大の見せ場「御神幸(ごしんこう)」が行われます。

この3日間、厳島神社に繋がる堀端筋は歩行者天国となっていて
120軒あまりの屋台が出店されます。

みなさんも、淡路島を代表するお祭りに足を運んでみてくださいね。



追記

11月23日からの『ATVからのお知らせ』の背景は
洲本を代表するもみじの名所、
名号石(みょうごいし)を撮影してきましたが、
見ごろとなるには、あと10日ほどかかりそうです。

一番紅葉している木はこんなに綺麗です。
c0212298_2064676.jpg


周りの木はまだ青々としていました・・・002.gif
[PR]
by awaji-atv | 2009-11-20 19:45 | 取材 | Comments(0)

淡路島テレビジョンのスタッフが、日々の色んなコトをご紹介!!  (裏)かわらばんです。


by awaji-atv
プロフィールを見る
画像一覧